iDeCoの受け取り時期

Q.iDeCoは何歳から受け取れますか

A. 60歳からです。ただし、50歳以上で加入した場合は、受け取りできる年齢が繰り下がります。

解説

iDecoで60歳までに積み立てた年金は原則60歳から受け取れます(★1)。

ただし、最初の掛金を拠出してから10年以上経過していないときは最長65歳まで受け取りできる年齢が繰り下がります。

簡単に言うと2年ごとに1年ずつ繰り下がるイメージです。例えば、10年に満たない場合は61歳から。8年に満たない場合は62歳から。2年に満たない場合は65歳から。

仮に60歳になる1月前に1回だけ積み立てたとしたら、65歳までは運用のみ行い65歳以降に受け取ることになるわけですね(★2)。

もう少し詳しい解説

★1 受け取り方は
(1)一時金として一括で受け取る方法
(2)年金として(有期年金。5年〜20年)として受け取る方法
(3)両者を併用する方法、があります。
70歳になるまでに受け取り手続きを行います(行わない場合は全額一時金として支給)。

★2 2022年5月から加入上限が65歳まで伸びることになっています。つまり、65歳まで積立可能になります。ただし国民年金加入者に限るため、自営業者は国民年金の任意加入が必要です。

※掲載している情報は、2021年7月時点での法令・税制・商品等に基づきます。将来、法令・税制・商品内容等が変更される場合があります。

無料相談のお問い合わせはこちら

TEL:06-6364-8251

「相続のホームページを見た」とお伝えいただくと電話対応がスムーズです

NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員。相続アドバイザーとしての業務上の資格としては、行政書士(遺言書・遺産分割協議書・相続関係図・財産目録等の書面作成代理業務)、ファイナンシャルプランナー(税務・保険・年金・不動産などライフプランニングのコンサル業務)、宅建士(不動産の相続プランニング業務)、終活カウンセラー(エンディングノート・介護・成年後見・お葬式・お墓など終活コンサル業務)などを保有。また税理士・司法書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・測量士・弁護士など、相続案件の処理に欠かせない各種専門家との強いネットワークも有する。近時は「幸せな相続」実現のためのツールとしてのエンディングノートの重要性から、各種エンディングノートセミナーやワークショップの開催に力を入れている。