老化は治せる時代に?「老化細胞」除去でがんや糖尿病を予防〈週刊朝日〉

ムシムシしてた空気も今日辺りからちょっと爽やかになってきた気がします。週明けには関西もいよいよ梅雨明け宣言でしょうね。(^o^)

前に「大往生したけりゃ医療とかかわるな〜「自然死」のすすめ」(中村仁一著)という本を取り上げ、そこで

「老い」を「病」にすり替えず、できるだけ自然に「死んでみせる」のが年寄りの最後の仕事

という著者の主張を紹介しました。

これに真っ向から挑むのが長寿医療の研究者たち。

今週号の週刊朝日の記事からの紹介ですが、かなりのその研究は進んでいるようです。

「老化は病の一つ。多くの人にこの認識はないでしょうが、研究者の間ではここ15年ほどで老化は『病だからこそ治せる』という認識になりつつあります。近い未来、この考え方は一般的になっていると思います」

そう語るのは東京大学医科学研究所の中西真教授だ。中西教授らの研究チームは今年初め、「老化細胞を除去する薬を発見した」と発表し、大きな話題を呼んだ。その薬とは「GLS1阻害剤」。健康寿命を劇的に延ばすのではないかと期待されている。

出典: news.yahoo.co.jp

研究者の間では「老化」「病」と捉えて、病ゆえに治せるという認識になってきているそうです。しかも、すでに治験は進んでいて、早ければ10年以内にも老化細胞を除去する薬が実用化される可能性があるようで、これはエライコッチャという感じ。もしかすると人生100年どころか「人生120年時代」がスグそこまで来ているのかもしれません。

もちろん、いくら老化を防げても「」までは防げないようですが、老化細胞を除去することで老化による体力の低下もなくなるそうで、がんも起こりにくくなるとのこと。もちろん認知症も起こりにくくなり、高齢者の医療費問題も介護問題も解消するでしょうし、平均寿命と健康寿命の差がなくなり、死ぬまで活動的で、誰もが「ピンコロ」を実現できるようになるかもしれません。

これが現実になればスゴい世の中になりそう。
でもその反面、老後資金の問題が大きくのしかかってくるわけですが…。

 

令和2年厚生労働白書(概要版)より

 

今週号の週刊朝日には上記老化細胞除去薬のほか、抗老化サプリ(すでにホリエモンなどが愛飲中らしいです)の話や人工臓器の話など、抗老化研究の最前線がレポートされております。

PCR検査
実施人数
陽性者数 入院治療等を要する者の数 死亡者数
うち重症者の数
17,377,409
(+71,388)
831,193
(+3,418)
21,696
(+1,503)
376
(-20)
15,014
(+24)

重症者が減っているのはもしかするとそのまま死亡者に数字が移ってるのかもしれませんが、新規の重症者が増えていないのは確かなようですね。
「さざ波」発言の元祖、木村盛世さんの著書が発売されています。ちょっと読んでみたい。

欧米に比べて日本は「さざ波」と発信し続けた元厚労省医系技官と、
「過剰自粛」を断罪し続けた元内閣官房参与が
コロナ禍の嘘と真実を炙り出す。

出典: www.amazon.co.jp

日経平均株価 28,003.08円 -276.01
NYダウ 34,987.02ドル +53.79
ドル/円 1ドル 110.27円

 

メットライフ ○全セ5 ー 4全パ●

(勝)ビエイラ (S)スアレス (敗)益田 直也

 

ダンベル(フレックスベル)で家トレ。分割法で一日1種目。今日は腕の日。
ストレッチの後に腹筋、筋トレの合間にスクワットを入れています。

  • ダンベルカール(上腕二頭筋)
  • リバースダンベルカール(前腕屈筋群)
  • ダンベルフレンチプレス(上腕三頭筋)
  • オルタネイトダンベルカール(上腕二頭筋)
  • ダンベルキックバック(上腕三頭筋)

 

クレイジーG。最近上達が止まってます。壁か。

 

最高評価が★★★★★(星5つ)。☆は0.5。
『』は劇場鑑賞「」は自宅鑑賞。💬 は言及記事へ。

「T2 トレインスポッティング」★★★★💬
「トレインスポッティング」★★★★💬
「孤狼の血」★★★★ 💬
「東京リベンジャーズ」★★★★ 💬
『Mr.ノーバディ』★★★★ 💬
「引っ越し大名!」★★★★ 💬
『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』★★★☆ 💬
「5つの銅貨」★★★★☆ 💬
「コンテイジョン」★★★★ 💬
『桜嵐記/Dream Chaser』【宝塚月組】★★★★ 💬
「ヒア・アフター」★★★★ 💬
「ましろのおと」(アニメ)★★★★
「アクアマン」★★★★
「新国立劇場バレエ団コッペリア」★★★★☆ 💬
「シャザム」★★★☆
「キングオブコメディ」★★★★☆
「ランペイジ巨獣大乱闘」★★★
「48時間パート2」★★★☆(再見)
「48時間」★★★☆(再見)
「ドリームガールズ」★★★☆
『アウグストゥス/Cool Beast!!」【宝塚花組】★★★★
「ジョン・ウィック パラベラム」★★★★(再見)
『ガールズ&パンツァー最終章第3話』★★★★
「星の王子ニューヨークへ行く2」★★★★
「Fukushima50」★★★☆
「ビバリーヒルズ・コップ2」(再見)★★★★
「ビバリーヒルズ・コップ」(再見)★★★★
「星の王子 ニューヨークへ行く」(再見)★★★★
「アドレナリン」★★★☆
『fff-歓喜に歌え!-/シルクロード』【宝塚雪組】★★★★☆
「パラサイト」★★★★
「ザ・ファブル」★★★☆
「阪急電車」★★★★

呪術廻戦、8月から連載再開らしいですね。一応、子供とアニメやコミックスを追ってるので、続きを書いてくれるのは嬉しい限り。ベルセルクの三浦建太郎氏も僕と同年代で亡くなってるし、無理せず健康第一でいって欲しい。

NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員。相続アドバイザーとしての業務上の資格としては、行政書士(遺言書・遺産分割協議書・相続関係図・財産目録等の書面作成代理業務)、ファイナンシャルプランナー(税務・保険・年金・不動産などライフプランニングのコンサル業務)、宅建士(不動産の相続プランニング業務)、終活カウンセラー(エンディングノート・介護・成年後見・お葬式・お墓など終活コンサル業務)などを保有。また税理士・司法書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・測量士・弁護士など、相続案件の処理に欠かせない各種専門家との強いネットワークも有する。近時は「幸せな相続」実現のためのツールとしてのエンディングノートの重要性から、各種エンディングノートセミナーやワークショップの開催に力を入れている。