名作映画『5つの銅貨』を観ました

今日の大阪は小雨がぱらつく天気でしたが、気温は20度前後で過ごしやすかったですね。

基本善良な市民しか登場しない「古き良きアメリカ」を楽しめる名作映画、ダニー・ケイ主演の『5つの銅貨』を観ました。もうとっくの昔に観たと勘違いしてましたが、実は今回が初めての鑑賞です。立川志らく師匠(最近結構好きです)のベスト映画に挙がってたので、わざわざDVDを買って観たのでした(動画配信してないのです)。

実在のジャズ奏者レッド・ニコルズの半生を綴る1959年制作のアメリカ映画。レッド・ニコルズはベニー・グッドマンとかグレン・ミラーなどのビッグネームに比べると日本ではあまり知名度がないのですが、当時のアメリカではかなりの人気バンドだったようで、ベニー・グッドマンもグレン・ミラーも当時レッド・ニコルズのバンドに在籍してたそうです(・o・)。

1920年代、田舎からニューヨークへ出てきたコルネットの得意な青年レッド・ニコルズは、ウィル・パラダイス楽団に入る。レッドは、知り合った歌手のボビーとのデートで訪れたルイ・アームストロングの出演する闇酒場で、飛び入りで見事なセッションをしたことから実力を認められるようになった。ボビーと結婚して独立し、ディキシーランド・ジャズ・バンドのファイブ・ペニーズ楽団を結成して、巡業を始めた。娘のドロシーが産まれ、若き日のジミー・ドーシーやグレン・ミラーも加わった楽団も順調だった。ドロシーは幼いながら、両親の血を引いた音楽の才能の片鱗を見せ始めた。楽団の人気は絶好調となり、旅回りの興業が忙しくなったレッドは、妻の反対を押し切ってドロシーを寄宿舎に入れる。そして忙しさにかまけて娘と会う約束を度々キャンセルするようになっていく。ついにクリスマスの夜、ドロシーは寄宿舎のブランコで雨の中両親を待ち続けて倒れてしまい・・・

出典: ja.wikipedia.org

ストーリーについては多くは語りませんが(上記の引用でだいたいわかるか^^;)、ジャズ好きで、親子愛、夫婦愛家族愛のストーリーにめっぽう弱い僕ですので、当然ながらこの映画は終始目頭を熱くしつつ、最後は鼻水と涙をTシャツで拭う始末でございました(笑)。
また心を洗いたいときに見返そうと思います。

ところで『グレン・ミラー物語』の妻役ジューン・アリスンも美人というわけではないのにとてもチャーミングな女優さんだったんですが、この『5つの銅貨』の奥さん役、バーバラ・ベル・ゲデスも同じように決して美人じゃないのにすごい魅力的なんですよね。古き良きアメリカの良妻賢母なキャラクターがそう見せるか、女優さん自身の魅力なのか。

感染者数 重症者 死亡者数
日本 +1520人(78万4662人) 740人 +28人(1万4419人)
世界 累計 177,825,428人 累計 3,851,512人

わずかずつですが着実に感染者、死亡者数は減ってきています。

日経平均株価 28,964.08円 -54.25円
NYダウ 33,290.08ドル -533.37ドル
ドル/円 1ドル 110.19円
甲子園 ●阪神2 ー 6巨人○

(勝)戸郷 翔征(トゴウ ショウセイ) (敗)伊藤 将司
連勝ストップ。そらたまには負けますわ。
貯金20、2位浮上巨人と7ゲーム差。

ダンベル(フレックスベル)で家トレ。分割法で一日1種目。今日は休みです。

クレイジーG。最近の練習時間3分ぐらい(笑)。それでもやらないよりはマシと思いながらやってます。本当はもっとじっくり時間とりたいんですけどね。

最高評価が★★★★★(星5つ)。☆は、0.5です。
「」は自宅鑑賞。

「5つの銅貨」★★★★☆
「コンテイジョン」★★★★
『桜嵐記/Dream Chaser』【宝塚月組】★★★★
「ヒア・アフター」★★★★
「ましろのおと」(アニメ)★★★★
「アクアマン」★★★★
「新国立劇場バレエ団コッペリア」★★★★☆
「シャザム」★★★☆
「キングオブコメディ」★★★★☆
「ランペイジ巨獣大乱闘」★★★
「48時間パート2」★★★☆(再見)
「48時間」★★★☆(再見)
「ドリームガールズ」★★★☆
『アウグストゥス/Cool Beast!!」【宝塚花組】★★★★
「ジョン・ウィック パラベラム」★★★★(再見)
『ガールズ&パンツァー最終章第3話』★★★★
「星の王子ニューヨークへ行く2」★★★★
「Fukushima50」★★★☆
「ビバリーヒルズ・コップ2」(再見)★★★★
「ビバリーヒルズ・コップ」(再見)★★★★
「星の王子 ニューヨークへ行く」(再見)★★★★
「アドレナリン」★★★☆
『fff-歓喜に歌え!-/シルクロード』【宝塚雪組】★★★★☆
「パラサイト」★★★★
「ザ・ファブル」★★★☆
「阪急電車」★★★★

今日のご相談者様、お見事な家計運営されておられて気持ちがいいぐらいでした。

NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員。相続アドバイザーとしての業務上の資格としては、行政書士(遺言書・遺産分割協議書・相続関係図・財産目録等の書面作成代理業務)、ファイナンシャルプランナー(税務・保険・年金・不動産などライフプランニングのコンサル業務)、宅建士(不動産の相続プランニング業務)、終活カウンセラー(エンディングノート・介護・成年後見・お葬式・お墓など終活コンサル業務)などを保有。また税理士・司法書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・測量士・弁護士など、相続案件の処理に欠かせない各種専門家との強いネットワークも有する。近時は「幸せな相続」実現のためのツールとしてのエンディングノートの重要性から、各種エンディングノートセミナーやワークショップの開催に力を入れている。