「死んでもいいからワクチンだけは打ちたい」って・・・

テレビや映画「痛くない死に方」でもおなじみの尼崎の医師、長尾和宏先生のブログがおもしろくてよくチェックしています。

 

 

ご自身のドキュメント映画「けったいな町医者」もロングラン中。
ご著書「痛くない死に方」は買っているけどまだ読んでないので、読み終わったら感想を書きたいと思います。

 

そんな長尾先生ですが、ここ最近はブログでコロナワクチン接種の現場を生々しく伝えてくださっています。ご本人は国の施策だから仕方なく、という感じで毎日ワクチン接種に忙しくされているのですが、やはり拙速なワクチン政策には疑問を持たれながらの日々のご様子。

 

先日もこんなことを書いておられました。

 

それにしても、「イケイケドンドン」現在、ワクチン接種後死は85人であるが、接種ペースが上がると増えるので、最終的に千人単位になるのでは?という指摘がある。
一方、コロナによる直接死亡は1万人のうち2~3割である、という意見もある。
まさかとは思うが、ワクチン死がコロナ死を上回らない、よね。
内心そんな不安を抱えて、ドキドキしながら打っているのが現実。

出典: blog.drnagao.com

 

日本の人口が現在1億2536万人統計局人口統計)とすると、人口の70%が2回打つとして、必要接種回数は延べ約1億7550万回。現在のワクチン接種回数が延べ約1835万回チャートで見る日本の接種状況)なので、達成率約10.4%。現在のワクチン接種後死が85人新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要)とすると、単純計算(85÷10.4%)でコロナ終息まで約817人以上のワクチン接種後死が生ずる可能性があるということになります。

 

接種後間を置かずに亡くなった事例のみでそうなので、5年10年という長い目で見ればワクチン死がコロナ死を上回るという事態が本当に起こりそうなのが怖いところ。長尾先生曰く、テレビの洗脳か「死んでもいいからワクチンだけは打ちたい」という人が多いそうですが、なんともはやです。

NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員。相続アドバイザーとしての業務上の資格としては、行政書士(遺言書・遺産分割協議書・相続関係図・財産目録等の書面作成代理業務)、ファイナンシャルプランナー(税務・保険・年金・不動産などライフプランニングのコンサル業務)、宅建士(不動産の相続プランニング業務)、終活カウンセラー(エンディングノート・介護・成年後見・お葬式・お墓など終活コンサル業務)などを保有。また税理士・司法書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・測量士・弁護士など、相続案件の処理に欠かせない各種専門家との強いネットワークも有する。近時は「幸せな相続」実現のためのツールとしてのエンディングノートの重要性から、各種エンディングノートセミナーやワークショップの開催に力を入れている。