終活ブログという提案

終活人生を終わりまで楽しく暮らすための活動)を実践するために日々のインプットをアウトプットする場所としてブログを活用してはいかがでしょうか。

いわゆる「終活ブログ」です。僕も日々実行中です。

具体的にいうと、日々得た知識経験したこと、自分に課した課題(日課)・目標達成のためのステップや、家族や仲間に残したい伝言、その時々の自分の考え、つまりその日、頭や体にインプットされた情報を、ブログという形で記録(アウトプット)すると決めることで、日々のインプットを活性化し、目標達成、自己実現に少しづつ近づいていこうというものです。

例えば、歳をとってもそこそこの体型を維持したい!と思えば、終活ブログに筋トレの項目を設けて、日々のトレーニングを記録していきます。筋トレした後に記録してもいいですし、今日も筋トレした!と書いてから(逃げ道をなくしてから)強制的に筋トレするでもいい。中年太りの解消にダイエットという項目を設けてもよいですね。健康は終活の友

楽器が弾けるようになりたい!なら、その練習成果を毎日ブログに書く。あるいは書いてから練習する。音楽は日常を豊かにしてくれます。音楽は終活の恵み

趣味にハマってみたい!と思い立ったなら、その趣味に関係する情報に触れたらその日にアウトプットする。例えば相撲観戦を趣味にしたいと思い立ったら、気になる力士の試合結果や相撲部屋のことをブログに書いてみる。楽しみは終活の伴侶

書くことを前提に世の中にアンテナを張ると必ず気になるニュースと出会う。なぜ気になったのかをちょっと深堀りして、自分なりの考えを整理して書いてみる。すると、いままで見過ごしていた事実が見えてきたり、自分の考えに軸が入ったり。知識が血肉になり、思考に厚みが出る。そのうち専門知識が溜まって本が書けるようになるかも。

そんな感じで、自分の夢や目標に一歩ずつ進んでいくためのツールとして活用できるのが終活ブログです。そしてその記録はおそらく遺産になります。

というわけで、なんとなく日々を過ごしているなあと感じる終活世代の皆さん、ブログに自分なりの項目を立てて、日々の活動をアウトプットしてみてはいかがでしょうか。今は無料で簡単に作れるブログサービスは山のようにありますよ。

もちろん、ブログは敷居が高いという場合は日記でもよいです。

ただ「ひょっとして誰かに読まれるかも」という「他人の目にさらす緊張感」は日記にはないので、強制力というブログマジックの恩恵は受けられません。

なので、できればブログがおすすめです。

あ、あと書いているうちに文章力が身につくかもしれません。短時間で仕上げる即文力とか。
僕の文章力ではまったく参考にならないのが悲しいところですが(泣)。

日々精進です。

(ブログの作り方については弊所にご相談ください)

NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員。相続アドバイザーとしての業務上の資格としては、行政書士(遺言書・遺産分割協議書・相続関係図・財産目録等の書面作成代理業務)、ファイナンシャルプランナー(税務・保険・年金・不動産などライフプランニングのコンサル業務)、宅建士(不動産の相続プランニング業務)、終活カウンセラー(エンディングノート・介護・成年後見・お葬式・お墓など終活コンサル業務)などを保有。また税理士・司法書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・測量士・弁護士など、相続案件の処理に欠かせない各種専門家との強いネットワークも有する。近時は「幸せな相続」実現のためのツールとしてのエンディングノートの重要性から、各種エンディングノートセミナーやワークショップの開催に力を入れている。