終活読本「ソナエ」2021年夏号届きました

産経新聞出版のムック「終活読本ソナエ」ってご存知でしょうか。春夏秋冬の年4回発行している終活専門雑誌です。

今号の表紙は浪速のロッキー赤井英和!

 

高齢者向けの雑誌ですが、毎号、相続からお墓・供養などの最新の終活情報が載っているので情報収集に結構役立っています。

今号の特集はズバリ「お墓の悩み」。それと「目の健康を守る」「ヘルパー介護職とのつきあい方」と続きます。

 

「お墓の悩み」ではネットを通じてお墓を買った人のアンケート(鎌倉新書調べ)が載っています。

お墓には

  • 一般墓
  • 納骨堂
  • 樹木葬
  • 永代供養墓
  • 散骨

などがありますが、さてネット購入ではどのお墓が一番人気だったでしょう?

どんな種類のお墓が人気かといえば、樹木葬が46.5%と購入 者全体の半数近くに達した。同社によると、樹木葬は1年前の調査で初めて、石の「一般墓」を上回ったが、今回はさらに差を広げた。平均費用は一般墓の約169万円に対し、樹木葬は半分以下の約72万円。 納骨堂の約91万円よりも安かった。(終活読本ソナエ2021年夏号より)

ということで、ネット経由の購入ではすでに樹木葬が一般墓を上回っているとのこと。費用も安いですしね。

ちなみに先日亡くなられた作家の立花隆さんも自然回帰を望んで樹木葬にされたそうです。

 

あと、墓じまいなどの「改葬」も近年ますます増えてきているそうですよ。

厚生労働省の「衛生行政報告例」によると、 2009年度に7万2050件だった改葬件数は、コロナ禍前の19年度には約1.7倍の12万4346件に達している。(終活読本ソナエ2021年夏号より)

とのことで、やはり少子化や未婚率の増加に伴うお墓の「承継者」不在や、維持管理費の負担などの問題も顕著になってきているようです。

 

という感じで、終活にフォーカスした珍しい雑誌「終活読本ソナエ」。
弊所でも数年前から定期購読しています。
応接室に2014年の号から備えていますので、ご来所された際にはぜひチェックしてみてください(^o^)。

NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員。相続アドバイザーとしての業務上の資格としては、行政書士(遺言書・遺産分割協議書・相続関係図・財産目録等の書面作成代理業務)、ファイナンシャルプランナー(税務・保険・年金・不動産などライフプランニングのコンサル業務)、宅建士(不動産の相続プランニング業務)、終活カウンセラー(エンディングノート・介護・成年後見・お葬式・お墓など終活コンサル業務)などを保有。また税理士・司法書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・測量士・弁護士など、相続案件の処理に欠かせない各種専門家との強いネットワークも有する。近時は「幸せな相続」実現のためのツールとしてのエンディングノートの重要性から、各種エンディングノートセミナーやワークショップの開催に力を入れている。