2020年度の公的年金支給額は0.2%アップします

24日の厚生労働省の発表によると、2020年度の公的年金の支給額が前年度比0.2%アップされるようです。いわゆるマクロ経済スライドが2004年に導入されてから、2015年、2019年につづき今回で3回目の実施。

国民年金の場合、満額受給者であれば、月額133円アップ(65,008 円→65,141円)。厚生年金では、40年間働いた夫婦二人のモデル世帯で、月額458円アップ(220,266 円→220,724 円)となります。

厚生労働省プレスリリース(厚生労働省)

 

Follow me!